新着情報

  • 事務所案内/アクセス
  • 未払い残業代対策
  • 労務監査・労務DD
  • サービス/相談内容
  • メディア掲載
  • 新着情報
  • お問い合わせ
TOPページ > 新着情報

新着情報

働き方改革による労働基準法改正について(年次有給休暇H) (2019年3月8日)

<Q5>
年5日の取得ができなかった社員が1人でもいたら、罰則が科せられるのでしょうか?

働き方改革による労働基準法改正について(年次有給休暇H)はこちらから

働き方改革による労働基準法改正について(年次有給休暇G) (2019年3月7日)

<Q4>
前年度からの繰越し分の年次有給休暇を取得した場合、その日数分を会社が指定すべき年5日の年次有給休暇から控除することができますか?

働き方改革による労働基準法改正について(年次有給休暇G)はこちらから

働き方改革による労働基準法改正について(年次有給休暇F) (2019年3月5日)

<Q3>
アルバイトなど、所定労働日数が少ない社員であって、1年以内に付与される年次有給休暇の日数が10日未満の者について、前年度から繰り越した日数を含めると10日以上となる場合、年5日取得させる義務の対象となりますか?

働き方改革による労働基準法改正について(年次有給休暇F)はこちらから

働き方改革による労働基準法改正について(年次有給休暇E) (2019年3月4日)

<Q2>
会社が年次有給休暇の時季を指定する際に、時間単位有給とすることは可能でしょうか?

働き方改革による労働基準法改正について(年次有給休暇E)はこちらから

働き方改革による労働基準法改正について(年次有給休暇D) (2019年2月28日)

<Q1>
会社が年次有給休暇の時季を指定する際に、半日単位有給とすることは可能でしょうか?
また、その日数を会社が時季を指定する年5日の年次有給休暇から控除することはできますか?

働き方改革による労働基準法改正について(年次有給休暇D)はこちらから

前のニュース一覧へ | 次のニュース一覧へ

無料相談のご予約はこちらをクリック!
このページのトップへ

名古屋の未払い残業代、IPO・M&A労務監査、労務デューデリジェンスは、ユナイテッド・パートナーズ社労士事務所へお任せ下さい!

Copyright (c) 2013 ユナイテッド・パートナーズ社労士事務所 All Rights Reserved.